私の母方でもめました。

 

お爺さんは数千万円と言われる預貯金を残していただろうと思います。

しかし90歳を超えてから、意思の疎通があまり出来ない状態となっていました。

 

実は母方の家庭は、長男は連れ子であとはつまり母親が長男は違うという事です。

母方の長男はカナダに住んでおり、実は母は双子の姉妹なのです。

 

連れ子つまり私のおじさんにあたる人は、お爺さんとの公団住宅(もともとは月島に家がありましたが、売却してかなりお金が入ったらしいのですが私が産まれるがどうかの時期にはすでに公団住宅に転居しており、その額面がどうだったかが解りません)とおじさんのマンションからは自転車で500mと言った所で年中、お酒を飲んでは遊びに行っていたようです。

 

問題はこの意思疎通が出来ない状態で、預貯金の所在がどうなったのかが解らないところです。

おじさんがほぼ独り占めした形になりますが、勿論葬式や公団住宅についての撤去作業遺品整理などかなりお金がかかった事は確かですが(お葬式を開きましたが、90歳ともなると周辺の人達もお迎えがあってあまり参列者もいない状態です。

お婆さんはその点親睦が広かった為多数集まりましたが、お爺さんは全くその逆でしたその結果香典自体の額は小さいと思われます)、それでもかなりのお金が残った事は予想されます。

 

年金費用だけでも毎月20万円近く支払われていた当時は戦争に行ったという事もあり、国からやや多めに支払われていました。

しかし高齢になると使う機会どころか一日テレビを見ている状態で、たばこ代か酒代程度であまり使わないわけです。

かなりの額が残っている事が明白ですが、この額面をこのおじさんは証明する事がありません。

 

申し上げました通り、姉妹ですので相手から恫喝されるともともと今でいうハングレというんでしょうか。

おじさんは素行が悪い人でした。

刑事ざたにはならないまでも問題行動の多い人で困ります。

 

そこで男手となりますが、カナダにいるが為に連絡そのものが付きにくいという有様です。

バンクーバーと日本だとほぼ昼夜逆転しているのです。

おのおの仕事や生活があるなか、連絡が付きづらい事もありますし日本に来るまでにかなり費用と時間がかかる訳です。

もっともこの人も私からすると叔父にあたりますが、やはり納得はしてないものの闘うには距離と時間が問題ともあり、また正直この問題のおじさんとも仲が悪かった。

 

今であれば私は弁護士を使うという話も考えられましたが、当時はまだ高校生でした。

法的な知識も持ち合わせていませんでしたし、父は父で正直この一族に関わりたくないという感じでした。

一番こまるタイプの事件で、法律とか事件となる前にべらんめえ状態で有耶無耶にするというのが母方の特徴でした。

 

お爺さんはかなり意思疎通が難しくなり、孫である私も失念している状態でした。

かなり重症だったように思います。

厳しい人でしたが、どちらかというと侍に近い人柄だっただけに私としては弱ってしまった所がかなりショックだった。

 

昔の人なのでお金の事であまり細かい事を言う人ではない人でした。

そういう意味ではこうした相続についてきちんとしてはいなかった所の間隙に、このおじさんの存在があったと思います。

かなりその後も揉めましたが、結局は法廷闘争になれば自分達の恥だという訳の分からない解決になったのを覚えています。

 

ちなみに問題の資産を独り占めしたおじさんは結婚もしていないので、後継者が居ない事になります。

つまりお爺さんはこれから無縁仏という事になります。

相続をしたのはいいのですが、お墓が維持できないのではと思います。

カナダにいるおじさんが一応長男となりますが、正直帰ってくるつもりはないようです