遺産相談を検討している身です。当方には二人の息子がおりますが、夫はもうおらず、遺産相続のことについて早く決断を迫られています。

生前に決めておきたいという希望がありますし、私がいなくなってから兄弟で骨肉の争いを起こさせたくはないからです。

しかし、親のエゴもあり、なかなか決められません。

長男が家を出てからというもの、息子に失望してしまいました。
やはりその陰には、嫁という存在があります。

元気なうちに弁護士さんに相談しておきたいものですが迷っています。
息子たちからは何も求められていませんが、嫁が加わるとそう穏便にはいかないでしょう。

息子は男の子の双子で一人は家を出て地方で医師として勤務しています。

もう一人は実家住まいでお勤めしていましたが、数年前に結婚を機に家を出て行きました。

実家住まいだった息子は双子のうち長男の方で、これからも実家で居住すればいいと親ながらに考えていたんです。

長男の方も家業の役員になっているという点からも実家も親も捨てないだろうと思っていました。

ところが、結婚することになってから、お嫁さんの意向なのか家を出て別に賃貸に住むとことになり、遺産相続人の順を双子の弟にしようかと画策しています。

その理由は、双子の長男が裏切ったこともありますが、彼のお嫁さんの画策が入っているようで、母親の私が亡くなったら、実家に戻り二人で住むというようなことも聞くからです。

当方としては、そのような打算のある女性に対して財産相続させたくはないという意志が固いのです。

 

一方で、双子の弟の方は問題がないのかというと、そうも言い切れません。

弟の方はというと、憎まれっ子世の憚かるというタイプで、社交性があるものの、慎重さに欠けているという面があります。

仕事も大学卒業後企業に勤めたものの、勝手に辞職しては医者になると医大を受験仕直して、現在は地方の医師として勤務しています。

弟の方はこれまで付き合いやなんやかんやいいながら、ほかからの借金をしたこともあるんですが、お給料からおこずかいをくれます。

親孝行は弟の方がしてくれていると思います。

 

しかしながらも、親の育て方が間違っていたのでしょうか。

弟はいくらでもお金があると思っているような節が気になります。

遺産を相続させたとしても、散財するのではないかと思うと、心配です。

 

加えて双子の弟は地方住まいで実家には帰省しないのです。
双子の兄弟の仲は悪くはなく、表向きは仲が良いようですので、平等に相続させるべきか、苦労します。

弟の方は独身で、役員にもついていないのでかわいそうで現金だけ相続させようかと、考えています。

兄夫婦の方は現金は渡さずに、家を残そうかと考えている次第です。

 

生前に遺書を書いておきたいと思うのですが、遺産相続においては他人が入ると悪用されたりもしますから、兄嫁の方を警戒しています。

弟もいずれは結婚すると、お嫁さんの意図が入ってきてしまうので独身のうちに解決しておきたいのです。

できたら弟が一生独身であれば、弟に現金ほか、財産を多めにしてあげたいのです。

遺産は、土地、建物、家財道具、現金、株というように分類できます。

そのうち誰もが奪い合う現金についてですが、母親のエゴですが嫁には渡らないようにしたいのです。

 

理由は、彼ら夫婦にとって建設的ではないからです。

結婚してまで親の資産をあてにするなんて、それならまだどこかの慈善団体に寄付した方がよいと思うのです。

結局、現在は息子と離れて暮らしており一人で寂しく、長男の嫁と同居したいと思っていますがそれも相手様の意向でかないません。

親として相続させることは子供にも建設的でないし、感情が許しません。